- NCSOFT -
CAD/CAM

CADとは・・・
Computer Aided Designの頭文字で、日本語では「コンピュータ支援設計」となります。設計図面や製品形状のモデルデータをコンピュータ画面上に作成するためのソフトウェアを意味します。現在では携帯電話、自動車など身の回りにある工業製品は、すべてCADソフトで書かれた図面をもとに製造されています。

CADには2次元CADと3次元CADの2種類があります。 2次元CADは紙に描かれた実物の図面と同じように平面上に製図を行います。一方、3次元CADは3Dゲームのように立体空間上に実際の製品の形状を作成し、一般に3Dモデリングと呼ばれます。近年の設計現場では3次元CADが幅広く導入される傾向にあります。

さらに、3次元CADを使ったモデリング方法には、ワイヤーフレーム(線)で作成された形状の骨組みに対して面(サーフェス)を張っていく「サーフェスモデリング」と、2次元の閉じた形状に厚みを加えるように形状を作っていく「ソリッドモデリング」の手法に分けることができます。
複雑な曲面の多い形状は「サーフェスモデリング」が有効ですが、機械部品のような形状は、ソリッドモデリングの方が適しており、形状や用途によって使い分ける必要があります。中には、Solidcreatorのように、ソリッドモデリングとサーフェスモデリングの両方が使い分けできるハイブリッドモデラーというものもあります。

NCSOFTが推奨するCADソフトを分類すると次のようになります。
[2次元CAD] NCCAD Mark2Solidcreator(2次元+3次元両対応)
[3次元CAD] Solidcreator(ソリッド+サーフェス両対応)Rhinoceros
初めてCADを購入される方は、2次元CAD、3次元CAD、ソリッド、サーフェスなどすべてに対応し、価格も安いSolidcreatorがお勧めです。


CAMとは・・・
Computer Aided Manufacturingの頭文字で、「コンピュータ支援製造」を意味します。CADで作成された図面や3DモデルからマシニングセンターなどのNC加工機で実際の材料を加工する為のNCプログラムを作成するソフトウェアを差します。
CAMソフトにも、2次元CAMと3次元CAMがあります。例えば板材を切削したり穴加工を行うのであれば、2次元図面から2次元形状を加工する為の2次元CAMで十分です。
一方、コンピュータのマウスのような立体の曲面形状を加工するには、3次元CADで作成されたモデルを元に、3次元的な加工プログラムを作成できる3次元CAMが必要です。
そして、2次元CAMや3次元CAMのいずれかに特化した製品もあれば、OneCNCシリーズのように、2次元CAMと3次元CAMの両方に対応した一体型のCAD/CAM製品もあります。

NCSOFTが推奨するCAMソフトは次のようになります。
[2次元CAM] OneCNC(2次元+3次元両対応)NCCAD Mark2
[3次元CAM] OneCNC(2次元+3次元両対応)alphacam
初めてCAD/CAMを購入される方は、2次元CAM、3次元CAMの両方に対応し、価格も安いOneCNCがお勧めです。


一体型CAD/CAMとは・・・
CAMソフトで加工プルグラムを作成するにはCADで作成された図面データやモデルデータが必要で、CAMだけを導入しても役に立ちません。
CADとCAMはソフトによってそれぞれ独自の特長や性格があるため、CADとCAMを別々の製品を導入するケースもあります。
ですが、同じオペレーターがCAD,CAMを操作する場合、別々のソフトを習得しなくてはならないという問題や、CADで作成したデータをCAMに受け渡す際にデータの整合性が取れないリスクがあります。
またCAMの操作を行う上でも都度形状を作図したり、面を貼ったりCADの機能が必要なケースが多々ありますので、CAM専用ソフトではなく一体型のCAD/CAMを導入することには大きなメリットがあります。

NCSOFTが推奨する一体型のCAD/CAMソフトはOneCNCとなります。


→ CAD/CAM製品についてのご相談はNCSOFTまでお問合せください。