Rsup(アールサップ)はワンクリックで遠隔地の顧客PCとデスクトップ共有できる画期的なリモート支援ツールです。
トップページ 機能のご紹介 体験版ダウンロード お申し込み お問合せ
ご検討中の方へ
  • 機能のご紹介
  • 活用シーンご紹介
  • セキュリティ
  • 技術的なご説明
  • 体験版ダウンロード
  • お申し込み
  • お問合せ

  •  
    RSUP セキュリティについて
    - SECURITY -
     
    遠隔支援ツールを選択する上で最も重要なのがセキュリティの問題です。
    機能性や利便性が高くてもセキュリティが脆弱であると、
    導入後に予想できないトラブルに陥ることも考えられるからです。
    RSupは利便性と保安性を兼備えた高性能な製品です。

    128 Bit AES 暗号化およびSSLセキュリティ通信をサポート
    ユーザー認証時、入力されるID/パスワードは全てAES(Advanced Encryption Standard) 128 Bitで暗号化されて認証されます。これはインターネットを通してログインする初めの過程から安全性を保障し、暗号化されたログインデーターは、SSL暗号化プロトコルを通してユーザー認証をします。二重暗号化を通して最も安全な認証システムを具現しています。
    1024 Bit SSL セキュリティ通信支援
    RSupユーザー認証と同様に、データー通信も同一暗号化処理をします。RSupの全てのデーターはSSL暗号化プロトコルを支援します。これは誰かによってTCPパケットが変更されるのを防止するためです。 RSupはユーザーとオペレータ全てが安全な遠隔支援をすることができるようにセキュリティポリシーを強化しています。
    オペレータの全ての管理は中央で管理可能
    全てのオペレータに対する権限設定および機能設定を中央で 管理することができます。全ての機能がオプション化されていて、設定することができます。RSupの全ての機能は管理者が強制的に設定できるので、さらに安全な遠隔支援システムです。
    オペレータおよび ユーザー全てが安心できる画面録画機能
    RSupを通してサポートする全ての画面は、サーバで自動記録することができます。暗号化され記録されたデーターは、管理者だけが再生することができます。Recording Serverはオペレータとユーザー全てに安全な遠隔支援をすることができるように保障します。
    (* 上記内容はASPではなくサーバ納品の場合可能です。またRecording Serverはオプションです。)
    IPまたはMAC アドレスによる制限を設定可能
    ログインを特定IPおよびIPアドレス帯域, MACなどにより制限できます。これは特定オペレータだけが遠隔支援をするようにするので、セキュリティをさらに強化することができる機能です。
    ユーザーPCに「リモート接続中」表示
    RSupを通して接続すると2つの方法でユーザーにリモート接続中であると表示します。第一に制御中であるとのDialogを表示させます。第二に、画面リモート接続中」という文字を表示させ、制御中状態を案内します。

    Copyright © 2007 NCSoftServiceCenter Co.,Ltd.. All Rights Reserved.
    販売会社 株式会社NCソフトサービスセンター