Rsup(アールサップ)はワンクリックで遠隔地の顧客PCとデスクトップ共有できる画期的なリモート支援ツールです。
トップページ 機能のご紹介 体験版ダウンロード お申し込み お問合せ
ご検討中の方へ
  • 機能のご紹介
  • 活用シーンご紹介
  • セキュリティ
  • 技術的なご説明
  • 体験版ダウンロード
  • お申し込み
  • お問合せ

  •  
    RSUP 技術的なご説明
    - TECHNIQUE -
     


    通常、プライベートアドレスだけをもつPCは、
    LAN外部からのアクセスを受けることはできません。

    では、RSupはどうやってLAN内部にいるPC同士の
    データ交換を可能にするのでしょうか。


      オペレータ

      ユーザ
       

    RSupでは、まず、オペレータ側PCは事前にサーバに対してデータリクエストをします。
    ユーザ側PCがデスクトップのデータをサーバに送ると、サーバはそれをそのまま、オペレータPCに「リクエストへの返答」として返します。
    逆に、ユーザ側PCも先ほどのデータアップデートの返答としてオペレータ側からの入力データを受け取ります。
    こうしたやりとりを繰り返すことで、NAT to NATの通信を可能にしているのです。

    *NATは、プライベートアドレスを持つPCからの外部へのアクセスについて、自分の持つグローバルアドレスに変換して送り出します。
    そして、そのアクセスに対するレスポンスを受取ると、アクセス要求PCとアクセス先を覚えていて、再びプライベートアドレスへ変換して要求したPCへ送り返します。



    RSupのすばらしさは、Proxyに対応していることにあります。
    大企業のネットワークのほとんどはProxyサーバを導入しており、企業さまでRSupのようなソリューションをご利用いただくためには、ソフトウェア側での対応が不可欠です。


    RSupは、オペレータ側、ユーザ側いずれの環境がプロキシサーバを必要としていても、ほとんどの場合でネットワークのポリシー変更なく利用可能です。 (一部環境ではご利用になれないことがあります。)また、ネットワーク技術の進歩や新たなる脅威への対応のための各種アップデートにより、プロキシサーバの設定が変更になり、RSupがご利用になれなくなるケースもあります。 RSupではこうした変更にできるだけ早く対応できるように努めております。

    オペレータはViewerで手動設定 ユーザは自動認識
    オペレータ側では、Viewerソフトウェアにプロキシサーバの設定を行う必要があります。「プロキシサーバ使用」にチェックを入れ、IPアドレスと使用ポートを入力するだけです。 (設定用に自動認識機能もありますので、多くの場合は設定がわからなくても大丈夫です。)
    ユーザ側はプログラムが経路を自動的に認識するため、トラブルになることはほとんどありません。
    Proxy
    インターネットと企業内部のLANを接続する場合などに、外部から社内への不正な侵入を防止し、セキュリティを確保する目的で設置されるサーバのこと。 「proxy」は「代理」という意味。ファイアウォールを構成するための1つの要素。一般に外部へのwebアクセスをこのサーバにのみ許可し、LAN内のノードはこのサーバ経由でのみ、 外に出られるような仕組を取る。


    全ての通信はSSL128bit暗号化通信
    * 暗号化方式はAES(Advanced Encryption Standard)128bitをサポートします。
    * ファイル送受信及びチャットにもSSLセキュリティ通信を完全に支援します。
    セキュリティ強化機能
    * ファイル送受信機能利用時には顧客側に同意画面を出すことができます。
    * リモート接続時に顧客側画面におけるオペレータのパスワード入力を禁止できます。
    * 「Ctrl+Shift」のキー操作で、顧客側からオペレータのリモート操作をストップすることができます。
    * 接続前の接続同意確認機能で顧客側でオペレータの操作権限に制限をかけることができます。
    間接制御を通したリモートサポート
    * 描画機能を用いて直接マウス操作をせずに操作支援をすることができます。
    Web Browser Add-on機能
    大部分のリモートツールはウェブオブジェクト(ActiveX,Java Applet)などを通して実行ファイルを実行して遠隔制御をしますが、これはセキュリティ的には大きな問題です。
    一過性接続で終わらなければならないプログラムが、継続的にPCに常駐し、真意に実行されたりウィルス感染の恐れがあります。
    RSupは一回限り接続可能なワンタイムエグゼ方式を採用しており、一旦接続を終了したら同じ実行ファイルでは接続が行えないようになっており安心です。
    全ての機能に対する権限設定が可能
    RSupの主要機能は管理者が、Web上の管理ページにアクセスし、各オペレータの権限の設定をすることができます。

    Copyright © 2007 NCSoftServiceCenter Co.,Ltd.. All Rights Reserved.
    販売会社 株式会社NCソフトサービスセンター